2010_12
15
(Wed)01:23

【第十八ページ】「自分と話し。」

「心神不寧、自言自語、搥胸頓足、忐忑不安。」
「這些事情組成的聯合技似乎是常態了。」(什麼!

「有些事情,實在是很難跟別人分享。」
「可是像這樣的事情,往往都是需要他人關心才比較能夠釋懷。」

「因為這樣的關係,我想只要是身為人都會有自言自語的情形嗎。」

「而且有些人是尤其嚴重啊……」(思


「落ち着けよ。 千里さん。」

「多分、無理だと思っているん...だけどなぁ。」
「ココロの震えが、止まらないんだ。」

「先輩の前でそんな表情は、まずいぜ。」
「顔を洗って、戻ろうよ。」

「分かってるんだよ。」(!
「悩むことを覚えてしまうなんて。 だから、ここまで逃げてきた...でしょう。」
「...トイレの鏡と話して大丈夫か。」

「大丈夫じゃない、問題だ。」

「...あなたはうるさいって言いたいなぁ。」

「はっ、バカめ。」
「そうすると、自分を叱っているだろう。」

「くっ、とほほ...またか。」


「嚴格說起來,在部落格的一些心情日記什麼的,也幾乎是自言自語?」
「畢竟沒有要給特定對象的內容,似乎很難出現。」

「所以只好說給自己聽?」
「如果真是如此還挺傷心的,這種事情。」(…

「這禮拜應該會特別忙的感覺,之後或許就能輕鬆些了。」

「接著就不需要自言自語了。」
「我想多些機會、講些話啊——」


「気合を入れてね。 千里くん。」

「はいはい、さっきそうすると思ってた。 ありがとう。」

C.O.M.M.E.N.T

發表留言

秘密留言

引用