2011_01
09
(Sun)17:28

【本気】「三個月的壽命。」

「這是作文的題目。」
「當然我也很喜歡這樣的題目。」

「一些假設性的…題目。」(思

「不一定能拿到多漂亮的分數;至少字裡行間的每一處,都是自己的真心話。」
「那麼,雖然只有六百字左右——還請多指教。」


  もし自分が後三ヶ月の命があったら、
  (如果自己剩下三個月的生命,)

  どうする?
  (怎麼辦呢?)

  もしもある日、
  ワタシは三ヶ月後に死んでしまう定めを、
  誰かに伝えられたら、
  (萬一某一天,)
  (被誰告知說三個月後將會死去的命運的話,)

  まず、
  (首先,)


  頭が真っ白になるべきだろう。
  (我腦海中會變得一片空白吧。)

  そして......
  「あっ、ワタシはこんなに早く死ななければならないの。」と思うだろう。
  (然後……)
  (會想說「啊……我一定要這麼快死嗎。」這樣吧。)

  どうしようかと全く分からないね。
  (完全不知道該怎麼辦呢。)

  いつか死ぬと知っているけど、
  「早すぎるのではないか。」と困ってくる。
  (雖然知道自己總有一天會去世,)
  (還是會對「太快了吧」這點感到困擾。)

  しかし、
  何もしなかったままで死ぬのなら、
  (但是,)
  (如果就這樣什麼都不做而死去的話,)


  本当に後悔するよ。
  (真的會後悔的。)


  だから、
  一日目に、

  私は彼女のことが好きな思いを釈明してあげて、
  いずれどんな結局になってもよい。

  後は家族に別れを告げて、

  独りか、
  好きな彼女が、もし同意すれば、

  二人で色々お喋りしていく。


  それだけで、ワタシはもう満足だ。


  残っている時間に、外の友達に会って、
  これから、行ったことがない所へ言って、見たことを文章に書き出すつもりだ。

  未だ完成していない文章も、急いで出来て、
  ここまで、


  ワタシはこの人生に後悔しないと思うかもしれないんだ。


  でも、
  知っているのよ。


  自分はそんなに簡単で満足するのは、できないだろう。


  やりたいことは多すぎて、
  三ヶ月で全然足りないと知る。


  やはり、
  一番大切な彼女は、

  もしワタシの死にまで、付き合ってくれば......

  ああ、もういい、もう後悔しないと、静かに、喜んで、死んでも、満足だよね。


  喜んでたまらないで、泣きながら、永遠に、寝ていく。


「…會這樣吧。」
「如果真的有這一天…」(望

C.O.M.M.E.N.T

發表留言

秘密留言

引用